大捕物仙人壺おおとりものせんにんつぼ
女軽業の大一座が、高島の城下へ小屋掛けをした。 慶応末年の夏の初であった。 別荘の門をフラリと出ると、伊太郎は其方へ足を向けた。 「いらはいいらはい!始まり始まり!」と、木戸番の爺が招いていた。 「面白そうだな。入って見よう」 それで伊太郎 …
作品に特徴的な語句
ひらった ちげ すべ 邂逅ゆきあ 日中ひのうち むなし みぎわ いわ あお 交換かえっこ くたば わっち しあわせ 破壊こわれ 姿態なりふり こっそ 捕縛とら 寝室ねや にぎわい あい じょう 縮尻しくじる わたくし とっ 夕暮ゆうやみ ぼっ じゅう 邂逅でっくわ 定敬さだよし みい そね 誰人どなた 戦慄おのの おい 外出でる 泡沫しぶき 其方そっち 浮雲あぶね めえ そっ おとな いわく 湖水うみ 許嫁いいなづけ かん なの 知己しりあい 尾行 ねむり はず 相違ちがい 目付めつ 迂闊うっか 城下まち 四阿あずま そめ しょう 酒商さけしょう ほざ ぶん あざやか あやつ おやじ ざま いと ふせ つもり 災難わざわい はなれ こう さめ 同一ひとつ たか 春陽はるひ はん ばち ひっさ たず 幸福しあわせ かすか りょう ゆか 腫物できもの ねぶか 彼奴きゃつ まき また かすか あや 梯子ばしご いちじる 容保かたもち