“酒商”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さかあきな50.0%
さけしょう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“酒商”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この須賀口の古駅に織田家や斯波しば家などの領主よりも以前から住んでいる酒商さかあきないの老舗しにせから転化して、茶屋になったものというから、その屋構やがまえのふるさも間の抜けたほどの大まかさも知るべきであるが、清洲の若殿輩にはそれが気に入って、何かといえば、
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今から数えて十六年前、酒商さけしょう伊丹屋伊右衛門いたみやいえもんは、この城下に住んでいた。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)