“斯波”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しば100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“斯波”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
斯波しばさんの御新造ごしんぞといって、浅草蔵前の方にいたから、もしかすると民政党の斯波氏のおうちの方だったかもしれない。
元来室町幕府にあっては、斯波しば、畠山、細川の三家を三職と云い、相互に管領に任じて、幕府の中心勢力となって来た。
応仁の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)