“春陽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はるび40.0%
しゆんやう20.0%
はるひ20.0%
はる10.0%
10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春陽がうららかに射してはいたけれど、まだ大気が冷くて木の芽もふくらんでいなかった。
或る素描 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
山々の雪は里地よりもきゆる㕝おそけれども、春陽天然につれて雪解に水て川々に水難ある事年々なり。
鼬の大きさは四尺もあろうか、それが後足で立ち上り、前足をブラブラ宙に泳がせ、その茶色の体の毛を春陽にキラキラ輝かせながら、唄声に連れて踊る態は、可愛くもあれば物凄くもあった。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
隣室で時計が十一時を報じ、なま暖かい春陽の光が洪水のように室に充ち窓下の往来を楽隊が、笛や喇叭を吹きながら通って行くのも陽気であった。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
この離座敷へも、午後の春陽は射して来ていて、柱の影を、畳へ長く引いていた。
甲州鎮撫隊 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)