甲州鎮撫隊こうしゅうちんぶたい
滝と池 「綺麗な水ですねえ」 と、つい数日前に、この植甚の家へ住込みになった、わたりの留吉は、池の水を見ながら、親方の植甚へ云った。 「これが俺んとこの金箱さ」 と、石に腰をかけ、煙管をくわえながら、矢張り池の水を見ていた植甚は、会心の笑い …
作品に特徴的な語句
生活くって 嫉妬ねたましさ 対岸むこうがわ ほこら 拒絶ことわっ 女郎おやま かつ おさ 書面ふみ 春陽 往来みち 彼方むこう 容貌かお わたくし 現在ただいま とど 隠匿かくまい すか そっ 希望のぞ あたし たけ おやじ えれ 内情うちわ 真実まこと 返書かえし 迂闊うっか 知己しりあい わし そびや ざま おろか つもり 堡塁とりで もっとも 大勢たいせい わだかまり 平坦たいら こま 煎薬せんじぐすり 燈火ともしび 生存いきながら 来訪たずねてき ほう 目明めあかし 相棒あいづれ かな 絶命ことき 接近ちかづ ふさ いくさ 怨言うらみごと 幸福しあわせ わたし 奇石いし 鳩尾みずおち そむ 不可いけな めい 他事よそごと 音信おとずれ 隠匿かくま やまい かんざし 笹子ささご はし やつ あか 蹴仆けたお 躊躇ちゅうちょ 身長せい 返書へんしょ ほとばし まゆ 道側みちばた やしき はさみ たま 一方ひとかた あぶ 焦心あせ とき 煙管きせる 飛沫しぶき あご 狼狽ろうばい 留吉とめきち 長閑のどか 贔屓ひいき とみ 理由わけ ちりば 生命いのち