“鳩尾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みぞおち57.3%
みずおち29.2%
みづおち7.9%
きゅうび3.4%
ありさし1.1%
むなさき1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このふっくりした白いものは、南無三宝仰向けに倒れた女の胸、膨らむ乳房の真中あたり、鳩尾を、土足でんでいようでないか。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お絹は鳩尾をかかえるように俯向きながら考えていたが、ふと何物かがその眼先きをひらめいて過ぎたように、きっと顔をあげた。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
神聖な處女の肌は、血の氣をつて、清潔さそのものでした。こんもりした二つの乳房の神秘な曲線、鳩尾から腹部への、なだらかな凝脂
入れました杉山流のものでござります。鳩尾をお打たせになりましても、決して間違いのあるようなものではござりませぬ。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
日本のは非常に不細工に見える(図51)。だが、見た所よりも軽い。鉄の部分は薄く、木部は鳩尾のようにしてそれに入っている。
幸兵衞夫婦は左右から長二の背中をいて、互に顔を見合せると、お柳は真蒼になって、苦しそうに両手を帯の間へ挿入れ、鳩尾を強くす様子でありましたが、えきれぬか
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)