“凝脂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎょうし56.3%
ぎようし37.5%
あぶら6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後ろ手にほんの形ばかり縛られた女は、灯影に痛々しく身をくねらせて、利助の荒くれた手に、遠慮会釈もなく凝脂を拭かせております。
二十一の成熟しきつた凝脂、乳房のこんもりとした張り具合など、まことに死の淨化と言つた、言ふに言はれぬ美しさがあるのでした。
夕陽を受けた深海の水藻のような黒髪、真っ赤な、肩から胴腰から下は水の上に浮いて、トロリとした凝脂がそのまま、赤い水に溶け込んでしまいそうにも見えるのでした。