両国の秋りょうごくのあき
「ことしの残暑は随分ひどいね」 お絹は楽屋へはいって水色の𧘕𧘔をぬいだ。八月なかばの夕日は孤城を囲んだ大軍のように筵張りの小屋のうしろまでひた寄せに押し寄せて、すこしの隙もあらば攻め入ろうと狙っているらしく、破れた荒筵のあいだから黄金の火箭 …
作品に特徴的な語句
だる づく めか 庇合ひさしあわ ひま 上流うわて はな かぶり 阿諛おもね 阿母おっかあ うる がわ 此中このじゅう じゃ さあ 片時へんし 一寸いっすん 湿うる やすけ 処女きむすめ 昏々うとうと いら 単衣ひとえもの おり いだ まじな 悽愴ものすご いや 彼女かれ かね しち はず なまめ あて 百文ひゃく くら 禿はげ きたな いじ 猪口ちょこ 立端たちは むち 火焔ほのお こま 細紐しごき まま ふさ いまし だま がまち 肋骨あばら はぎ ひま かな わか こす さぐ 捻鉄ねじがね 捕人とったり ひし こさ すすき まず かわず 行燈あんどう こが よぎ 情人いいひと じょう 悪寒さむけ 裲襠しかけ 幾許いくら とよ こう 軽蔑さげす むご 雨漏あまも 中入なかい 勃然むっ しら せつ がらす 地弾ぢひ かんむり がん しろがね にわ 鳩尾みずおち