“豊”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
ゆたか41.2%
とよ29.4%
ゆた20.6%
おほい1.0%
ずっ1.0%
1.0%
ふく1.0%
ふくよ1.0%
ふっ1.0%
ほう1.0%
トヨ1.0%
ユタ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春は水嵩で、両岸に咲く一重桜の花の反映の薄べに色に淵はんでも、瀬々の白波はます/\えて、こまかい荒波を立てゝゐる。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
いつか越後の人がこの娘を見て、自分の国は女の美しい国だが、おさんのように美しいのは、見たことがないと云ったそうである。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
けれども、人びとは、この平野がかで、親切なのに、満足したものでしょう。できるだけこれをりたててやろうとしました。
にし、其家にし、よさゝうにすれば、日中に斗だのだのといふ星を見て、大なる光は遮られ、小さなる光はあらはれ、然るべき人は世にかくれ、つまらぬ者は時めき、そして
震は亨る (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
秋になれば下条さんの病院で若手が一人る。最早概略約束が出来ていますから、うなれば患者も今よりはと殖えます。もう僅か半年、六箇月です。ね、待って下さい。春子さん
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
角膜の献納せむと乞ひて得し養母なり養母は優しさに
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
白酒の酔いにほんのりと色ざした、眼元、口元、よかな頬にまで花のやかさを見せたる、やがての春も偲ばるるものである。
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
自分は、霜枯れ果てた此畑中に、ひとり実割れるばかりかな趣を見せて居る此『野菜の王』を、少なからず心に嬉しんだ。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
宝石商の電灯は今硝子越彼女の鼻と、くらした頬の一部分と額とを照らして、かけに立っている敬太郎の眼に、光と陰とから成る一種妙な輪廓を与えた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この蘇川峡のみをてすれば、その岩相奇峭耶馬渓瀞八丁の天竜峡におよばず、その水流の急なること球磨川にしかず、激湍はまた筑後川の或個処にも劣るものがある。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
にし 屋庭は見ゆ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)