国文学の発生(第四稿)こくぶんがくのはっせい(だいよんこう)唱導的方面を中心としてしょうどうてきほうめんをちゅうしんとして
たゞ今、文学の信仰起原説を最頑なに把つて居るのは、恐らくは私であらう。性の牽引や、咄嗟の感激から出発したとする学説などゝは、当分折りあへない其等の仮説の欠点を見てゐる。さうした常識の範囲を脱しない合理論は、一等大切な唯の一点をすら考へ洩して …
作品に特徴的な語句
退 マサ ノリト ツヱ 武士ブシ カタ ナガラ ムラジ イツ ヨソ 頂上ソラ ハヤ 宿シユク 訪問オトヅレ イマ ブリ ガヽ オノ トヨ ウラ トヂ 言出コチデ 天皇スメラミコト アハ ガク サイ タナソコ 禿カブロ 若衆ニセ イハ ヌシ 饗応アルジ 侏儒ヒキウド ホカヒ トモ ミコト ユル モトホ 小角ヲヅヌ コト ウケ カヅ カシコ つづま ソコ づつ あき キン カミ ヒジリ 風俗フゾク モト アマ 童子ドウジ 莎草ハマスゲ エン 和魂ニギタマ カミ しりぞ 曲舞キヨクブ 海部カイフ つかさど しば 窟戸イハト もつとも 踴躍ユヤク タマ キミ すなはち 神語カムガタリ つら 石女ウマズメ 呪禁ジユゴン 風流フリウ 科白セリフ シン