“莎草”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くぐ25.0%
しゃそう25.0%
くゞ12.5%
しやさう12.5%
クヾ12.5%
ハマスゲ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“莎草”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史4.6%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学4.5%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本2.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
ただ袖中抄を引いて莎草くぐを編みて袋にしたるをくぐつというとのみあって、その語と傀儡子との関係には及んでいないのである。
すなわちクグツの名がその持物たる莎草くぐ製の袋から来たという説は、確かに拠あるものと云ってよい。
私はまた莎草しゃそう科の一種である「しまてんつき」が熱湯の流れているところに最も鮮やかな色を見せて茂っており冷めた湯の流れているところでは貧弱な生存を続けているのを見た。
雲仙岳 (新字新仮名) epub / 菊池幽芳(著)
東寄りの方には矮小な黒檜白檜の一叢が沙漠の沃地を見るが如くに碁布しているけれども、其他は茫々たる草原で、五、六寸から一尺あまりに延びた禾本かほん科や莎草しゃそう科の植物が吹き募る東南の風になびいている。
秋の鬼怒沼 (新字新仮名) epub / 木暮理太郎(著)
袖中抄に「裹」字をよみて、莎草くゞを編みて袋にしたるをいふ也、万葉集抄には、細き縄を持物入るゝものにして、田舎の者の持つなりといへり。
多分は山沢湿地に自生する莎草くゞといふ植物で其袋を製したのであらう。
虎杖いたどり鬼薊おにあざみ及び他の莎草しやさう禾本くわほん禿頭とくとうに残れる二毛の如くに見るも、それさへせて、霧沸々ふつ/\として到るに
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) epub / 小島烏水(著)
さうした霊物を入れる神聖な容器が、所謂、莎草クヾで編んだくゞつこであつたのだらう。
莎草ハマスゲで編んだふくろを持つたからの名だと言ふくゞつの民は、実は平安朝の学者の物好きな合理観から、今におき、大陸・半島或は欧洲に亘る流民と一つ種族の様に見られて居る。