雲仙岳うんぜんだけ
上海通いの急行船「郵船」の上海丸で神戸を立ったのが、七月二十二日の午前十一時。丁度来島海峡で日が暮れるので、暑さ知らずの涼風に吹かれながら、瀬戸内の最も島の多く美くしい部分を日の中に見られるから、夏の雲仙行としては郵船に越すものはない。長崎 …
作品に特徴的な語句
ぶんの げん ささ 宝石ゼム うつ でい ぐん ただち 縁取へりとり がっ むこ よぎ ことな しもと 祖母そぼ とど 女将じょしょう がえん はぐ 新湯しんゆ 昨日さくじつ もし もと そう 朝霞あさかすみ 便宜よすが ただ 雉子きゞす 淡紅たんこう へり ぜん ぐい 見出みい 山道さんどう かえっ 山神さんしん くれない けん 尽頭じんとう おこ うずた つら くびす 夕暮ゆうぐれ 大楠おほくす 大分だいぶん ふる 日向ひゅうが 斗出としゅつ ろう ぬき 英彦えひこ 普賢ふけん 草木そうもく 莎草しゃそう 莞爾かんじ きこ 憧憬あこがれ おい 徐々じょじょ かれ 蘇生よみがえ 蘚苔せんたい ひき めぐ たび 蛍袋ほたるふくろ こいねが 松林しょうりん たくみ べに 山形さんけい ろう よう すくな 小禽しょうきん 谷間たにま 小児しょうに 寝台ベッド 富津とみつ じつ 築港ちくこう とう あま 身体しんたい 渓間けいかん 凹地おうち くら