“櫓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やぐら61.4%
38.3%
ヤグラ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四つののそそり立つ方形の城の中は、森閑として物音もない。絵のやうにむリスタアの風物のさなか、春の日ざしに眠つてゐる。
ジェイン・グレイ遺文 (新字旧仮名) / 神西清(著)
短い半纒に、逞しい下半身をあらわにした船頭は、巧みにを操りながら、その示すとおりに、すばやく舟をこぎまわすのであった。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
雄略紀に見えて居る百済池津媛、並びに其対手の男を、姦淫の罪によつて、仮庪——後世のの類——の上にはたものとした、など言ふ記事から見ると、罪によつて罰せられると言ふ事は、同時に