“櫓臍”の読み方と例文
読み方割合
ろべそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藁箒を取って、櫓臍湿りをくれた宅助、ツーウと半町ほど流れにまかした所から、向う河岸春日出の、宏大なをグッと睨んで
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
が、を取って、漕ぎ出そうとすると、肝心な櫓臍がないことが分かった。おどろいてもう一つの舟に乗り替えてみた。が、その舟も同じだった。あわてた。
船医の立場 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
伝馬船は、櫓臍をかすかにキイキイ鳴らしながら、港外に出る。はるか前方に、燈台が明滅している。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)