船医の立場せんいのたちば
晩春の伊豆半島は、所々に遅桜が咲き残り、山懐の段々畑に、菜の花が黄色く、夏の近づいたのを示して、日に日に潮が青味を帯びてくる相模灘が縹渺と霞んで、白雲に紛れぬ濃い煙を吐く大島が、水天の際に模糊として横たわっているのさえ、のどかに見えた。 が …
作品に特徴的な語句
精神ソウル かん たた 顛覆かえ れん 脅威メナス どき 水泡まめ こい 高尚ノーブル 何人なんびと 寡言かごん あぜ 聡明クリア 下殺しもそ かね すさま 喚問コール 山懐やまぶところ たび 所々しょしょ 文庫ライブラリー 木片こっぱ 歔欷きょき 漁舟ぎょしゅう ひそ 疥癬しつ まが いまし みよし ふなべり 認知リコグナイズ 首肯しゅこう 鼻梁はなばしら 与力よりき 丑満うしみつ 事端じたん 些事さじ 些細ささい 伝染うつ さつ おか しの 剛復ごうふく 割籠わりご 可憐かれん つぶや 咄嗟とっさ なご 哄然こうぜん 唐土もろこし 嗚呼ああ 囹圄れいご 執拗しつよう 外海そとうみ 夷人いじん 奸賊かんぞく 孤島ことう なだ 宿昔しゅくせき 峻厳しゅんげん 巨鯨きょげい 希有けう 幽閉ゆうへい 庇護ひご 強盗ごうとう 怜悧れいり 悄然しょうぜん 悪怯わるび 悪賢わるがしこ 悶々もんもん 憔悴しょうすい 手掌てのひら ふん たす らっ 指間しかん 捕縛ほばく てのひら つか 提督ていとく 敵愾てきがい しりぞ 旗艦きかん 明勁めいけい 明晰めいせき 昨夕ゆうべ 暗獄あんごく 木柵もくさく 模糊もこ おり かい