“宿昔”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅくせき75.0%
しゆくせき25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“宿昔”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
宿昔青雲志、蹉跎白髪年、誰明鏡裏、形影自相憐宿昔しゅくせき 青雲せいうんこころざし
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
所謂いわゆる宿昔しゅくせき青雲の志と云うことが先祖以来の遺伝に存して居る一種のまよいである。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
見よ、デモクラシーは宿昔しゆくせきの長夢を攪破せんとのみもがき、アリストクラシーは急潮の進前を妨歇せんとのみさわぐにあらずや。
国民と思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)