“喚問”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かんもん75.0%
コール25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
喚問しても、猜疑して上洛せぬとすれば推問使を下向させて、将門の真意と、実情を、たしかめて見るべきではあるまいか
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お待たせ申して相済みません。私は外へ出ていました。……あなたの喚問を避けるためではなく、その話をするために、たぶん呼び返されるだろうと思われる事件を
今われわれの喚問に最初に答えたこの愛すべき先覚者、国民全体の触覚ともいうべき聡明叡知なる青年の哀願に、いたる耳を向けるということは
船医の立場 (新字新仮名) / 菊池寛(著)