“喚上”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
メサ75.0%
めさ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊に其中の「あが御魂たまひて、春さらば、奈良の都に喚上げたまはね」とある一首は、よごととしての特色を見せてゐる。
又、其后の白しのまゝに、みちのうしの王の女等、比婆須比売命、次に弟比売命(次に弟比売命……命……命とあるべき処だ)次に、歌凝比売命、次に円野比売命、併せて四柱を喚上げき。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ここに天皇、吉備海部が女、名は黒日賣それ容姿端正しと聞こしめして、喚上げて使ひたまひき。然れどもその大后の嫉みますをみて、本つ國に逃げ下りき。
またその后の白したまひしまにまに、美知能宇斯の王の女たち比婆須比賣の命、次に比賣の命、次に歌凝比賣の命、次に圓野比賣の命、并はせて四柱を喚上げたまひき。