“喚叫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かんきょう50.0%
さけびごゑ25.0%
をめきさけ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
館の大廂からは護摩の煙が雲のように立ちのぼり、衆僧の振鈴誦経が異様な喚叫をなして二条の町かどあたりまでも聞えてくるほどだった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
執着の日の喚叫、黒ずむ悪の火の羽ぶき
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
大仏殿の二階の上には、千余人昇り上り、の続くをせじとをばてけり。猛火押懸たり。喚叫ぶ声、焦熱、大焦熱、無間阿鼻の底の罪人も、是には過じとぞ見えし。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)