“押懸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おしか75.0%
おしかけ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“押懸”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一先ひとまず帰宅して寝転ぼうと思ったのであるが、久能谷くのやを離れて街道を見ると、人の瀬を造って、停車場ステイション押懸おしかけるおびただしさ。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ですから、大威張おおいばり。それでなくッてはお声だって聞くことの出来ないのが、押懸おしかけて行って、無理にその材木に葉の繁った処をお目に懸けようと思って連出つれだして来たんです。
木精(三尺角拾遺) (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
猛火みやうくわまさし押懸おしかけたり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)