春昼後刻しゅんちゅうごこく
この雨は間もなく霽れて、庭も山も青き天鵞絨に蝶花の刺繍ある霞を落した。何んの余波やら、庵にも、座にも、袖にも、菜種の薫が染みたのである。 出家は、さて日が出口から、裏山のその蛇の矢倉を案内しよう、と老実やかに勧めたけれども、この際、観音の御 …
作品に特徴的な語句
でっこ ちい でっか あたたこ やお ひッ 狼狽まご めくる 白光びゃくこう 挙動こなし おっか いい あげ 生長いきなが つつ じれ きまり こう わず おつ 莞爾にこ うららか しかく はずか ちゃん さおさ さが かつ しゅう しずか ゆびさし 帰途かえるさ ちょう おぼろげ うも かがやか おおき 美女びじょ 取付とッつ とこ たすか おあし さだま そびら ちっ ねげ 出入ではいり げえ かつ 八歳やッつ 立直たてなお あっ まさ そっ 口惜くちおし こころ 案内あんねえ ことば なま 嬰児みどりご たなそこ きれ しん なつか またたき ねむ こころざ さかさ がき おも 掻込かきこ から 照々てかてか 真個まったく あかる あぎと 御酒みき 筋向すじむか ぶん ただ とび さだ 打留うちや 散乱ちりみだ 打笑うちえ おもい 姉様あねさん 禿かむろ わし やっこ いいえ 草鞋わらんじ あた 立直たちなお