“襖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふすま97.4%
からかみ1.2%
あお0.3%
あを0.3%
ぶすま0.3%
うすま0.2%
くさび0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は、その家の中に、竹の芽が思ふまゝに伸びて、戸障子やのゆがんでゐる有様を思ひ浮べて、こそ/\その家の前を通り過ぎた。
五月雨 (新字旧仮名) / 吉江喬松(著)
を開けたも知らぬ。長火鉢にいたも知らぬ。真暗で誰のだか解らぬが、兎に角下駄らしいものを足に突懸けて、渠は戸外へ飛出した。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
下人は七段ある石段の一番上の段に、洗いざらした紺のの尻を据えて、右の頬に出来た、大きな面皰を気にしながら、ぼんやり、雨のふるのを眺めていた。
羅生門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
広庭の所々には、新しく打つたらしい杭の上に五斛納釜を五つ六つ、かけ連ねて、白い布のを着た若い下司女が、何十人となく、そのまはりに動いてゐる。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
と、徳利をつかんだまま、よろよろと、立ちあがると、ガタピシとをあけ立てして、庫裡の戸棚の中の、ね上げる。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
もなく、K夫人けて吃驚した。瞬間自殺かと狼狽した彼女多量咯血にのめつてゐた。
彼女こゝに眠る (旧字旧仮名) / 若杉鳥子(著)
「今朝、お嬢様のお部屋のバルコニーの欄干のが抜けて、お嬢様がいつものようにれれば、すぐ外れるようになっていたのを御存じでございますか」
水中の宮殿 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)