“ふすま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フスマ
語句割合
85.6%
12.6%
襖子0.4%
紙門0.3%
麦糠0.3%
0.3%
紙襖0.1%
襖紙0.1%
銀襖0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寝床の敷いてある六畳の方になると、東側に六尺の袋戸棚があって、その芭蕉布ですぐ隣へ往来ができるようになっている。
変な音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
チチ、チチと、小禽の声がする。客殿の戸のすきまから仄白い光がさす。夜明けだ。頼朝は、声なく、叫びながらを蹴って起きた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
八頭の芋を洗ふやうにお照は榮子の頭を畳にりつけりつけして、そして茶の間へ出て襖子を閉めてしまつた。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
要もないに明て見て何か探す容子、箱丁がそっと入れて行った三味線は、棹を継れたまゝ座敷境の紙門の下へ片寄られ、客も芸妓も居るか居ないか疑われるほどの静かさであった。
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
大方は米糠や麦糠を糧にし、対屋の梁を伝う、やまかがしや青大将はご馳走のうちで、荘園の上りを持たぬ官務や神祇官は、根や笹の実を粉にして、枯渇した腹の養いにしているという。
奥の海 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
……牧草でも、レッドトップならば匂いぐらいはぎまするが、チモーシとなれば、はやもう、鼻面も寄せん。燕麦に大豆。それから、に唐もろこし。
キャラコさん:10 馬と老人 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
折しも紙襖一ツ隔ててお鍋の声として
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
反古はそばから紙衣や何かに使ってしまい、残っている物といえば、の草庵の壁やら襖紙った古反古があるぐらいでしかございませぬ
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蘭灯暗く室をらし、閉め切った銀襖の銀箔も朦朧として影暗く、廊下を隔てた中庭の、竹の林のからザワザワと聞こえる風の音さえ、深更だけに物凄い。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その虫は吾々の穀倉を荒らしてだけを残す。他の虫はまたむらさきうまごやしの若草を草刈り手が何んにも刈るものを見当らない程すつかり食べてしまふ。