キャラコさん10 馬と老人10 うまとろうじん
秋が深くなって、朝晩、公園に白い霧がおりるようになった。 低く垂れさがった灰色の空から、眼にみえないような小雨がおちてきて、いつの間にかしっとりと地面を濡らしている。樹々の幹も、灌木も、草も、みな、くすんだ煤黝色になり、小径の奥の瓦斯灯が、 …
作品に特徴的な語句
飛沫はね すが のぼ 屈辱はじ 美味おいし 施物せぶつ 外方そと ひも 馬勒はみ 秣槽まぐさおけ 葉柄 漿液しる どぶ ちんば ひずめ おけ 練餌ねりえさ はぎ こす 助骨あばらぼね なつ 忍辱にんじょく 後退あとじさ 乾草ほしぐさ 重々おもおも きら しん やぶ わら たてがみ かぶ ふすま 花菅はなすげ まず かわ 腰骨こしぼね 鼻面はなづら 褒美ほうび 襤褸ぼろ たと 飽食ほうしょく 飼料かいば 頬張ほおば 赤子あかご かかと しりがい あぶみ 重石おもし 大根だいこん 朴訥ぼくとつ 明日あす 握飯むすび 挽割ひきわり こぶし 後手うしろで 小癪こしゃく じょう 林檎りんご 大切だいじ あか いなな 午食ひる いた おご 側板わきいた 保姆ほぼ ただ 肚黒はらぐろ 美味うま 絆纒はんてん 紆曲うきょく ぬか ひえ まぐさ 目脂めやに 脅腹わきばら 燕麦えんばく 煤黝ビチューム 流眄ながしめ 汚点しみ 気位きぐらい
題名が同じ作品
キャラコさん:01 社交室 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:02 雪の山小屋 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:03 蘆と木笛 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:07 海の刷画 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:08 月光曲 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:09 雁来紅の家 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:11 新しき出発 (新字新仮名)久生十蘭 (著)