キャラコさん02 雪の山小屋02 ゆきのやまごや
雲ひとつない紺碧の空。 波のようにゆるく起伏する大雪原を縁取りした、明るい白樺の疎林や、蒼黝い針葉樹の列が、銀色の雪の上にクッキリと濃紫の影をおとし、岳樺の枝に氷雪がからみついて降誕祭の塔菓子のようにもっさりともりあがり、氷暈に包まれてキラ …
作品に特徴的な語句
あっ 上衣カーディガン かん 時代ジェネレエション たい 惨酷みじめ 煖炉いろり かす 煖炉オーフェン 夫人おく あっ 水瓶フラスコ あせ おも 掛汁ドレッシング 沈鬱メランコリック 煙突チムニイ 紅玉ルビイ 薄氷うすごおり 名残なご 夢幻むげん 岳樺たけかば 巴里パリー 常識コンモン こわ 打金ノッカア とが 毎年まいとし 氷暈ハロオ 痙攣ひきつ 窓々まどまど 美味おい むな 雪山ゆきやま おもかげ やさ 光暈ハロオ 兎耳うさぎみみ 剛子つよこ はげ 劫罪ごうざい さじ ふる 呼吸いき 咽喉のど 団子だんご 夕靄ゆうもや 多寡たか 夜半よなか 寝息ねいき 山脈やまなみ みき 幾重いくえ しょう 怪我けが 慇懃いんぎん いきどお 戸外そと 房枝ふさえ ドア 抑揚よくよう 拳固げんこ 揷絵さしえ 放蕩ほうとう 昂揚こうよう 明日あす 昨夜ゆうべ 暁方あけがた 暴風あらし あけぼの 朝治あさじ 木蓮もくれん 杉織ヘリングポーン 林檎りんご 栗鼠りす はり あずさ 正午ひる 洋盃コップ はて 濃紫こむらさき 濶達かったつ 煖炉だんろ 瑞西スイス おこり
題名が同じ作品
キャラコさん:01 社交室 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:03 蘆と木笛 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:07 海の刷画 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:08 月光曲 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:09 雁来紅の家 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:10 馬と老人 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
キャラコさん:11 新しき出発 (新字新仮名)久生十蘭 (著)