“剛子”の読み方と例文
読み方割合
つよこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
窓の外で、剛子、と呼ぶ声がする。沼間夫人だ。沼間夫人は社交室に『キャラコさんの恋人』がいるので、嫌がってはいってこないのだ。
キャラコさん:01 社交室 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
夫人はジャンヌさん、娘はイヴォンヌさんといって、今年十七歳になる。朝露をうけた白薔薇といった感じで、剛子はたいへんこのお嬢さんが好きだ。
キャラコさん:01 社交室 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
剛子とは妙な名前だが、これは剛情の剛ではない。質実剛健の剛である。長六閣下は、これからの女性は男のいいなりになるようなヘナヘナではいかん。
キャラコさん:01 社交室 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)