“窓々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まど/\60.0%
まどまど40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“窓々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
東山温泉ひがしやまおんせんなまめいた窓々まど/\ともしべにながすのが遥々はろ/″\のぞかれる。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
窓々まど/\あたかにし田毎たごとつきのやうな汽車きしやなかから
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
山小屋ヒュッテ窓々まどまどは、暗い海を照らす灯台のように、明るく、温かくまたたいた。
青年はどんな家だろうと思って老嫗の後からおりた。そこに花や鳥を彫刻した柱をあかあおに塗った建物が並んでいて、その窓々まどまどには真珠のすだれが垂れてあった。
賈后と小吏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)