魔法罎まほうびん
峰は木の葉の虹である、谷は錦の淵である。……信濃の秋の山深く、霜に冴えた夕月の色を、まあ、何と言はう。……流は銀鱗の龍である。 鮮紅と、朱鷺と、桃色と、薄紅梅と、丹と、朱と、くすんだ樺と、冴えた黄と、颯と點滴る濃い紅と、紫の霧を山氣に漉して …
作品に特徴的な語句
チエイン おもひもの しな はお かは うた 微笑びせう ふつさ しつら なび ひやゝ 莞爾くわんじ ぢつ 左右ひだりみぎ つま 此方このはう おほき あたゝか えり かゞやき ゆすぶ たを おほい 前途むかう がは 微行びかう かゝ おほき なゝ 斜違はすつか うへ あかり さが 凭掛よりかゝり 面色おもゝち 出入ではひ うま とほり 矢張やつぱ むかし 取着とツつ さふら 一寸ちよいと おびや るゐ 斑點むら 伴侶みちづれ むかひ 寂然ひつそり しぼ 凭掛もたれかゝ ぢつ 如何いかゞ おほ ぱく さか まへ やあ べう かは よそほひ たづ むな わづか へう つめた 苦笑くせう みづか 尋常じんじやう 引立ひつた おく 御直おんなほ かへ おもひ きふ あるひ 手遊てあそ じやく わざ すく はう ちひ をんな めづら しゝ 温泉をんせん 宿しゆく いへ