深川浅景ふかがわせんけい
雨霽の梅雨空、曇つてはゐるが大分蒸し暑い。——日和癖で、何時ぱら/\と來ようも知れないから、案内者の同伴も、私も、各自蝙蝠傘……いはゆる洋傘とは名のれないのを——色の黒いのに、日もさゝないし、誰に憚るともなく、すぼめて杖につき、足駄で泥濘を …
作品に特徴的な語句
あひた ぞら ぱな 女郎やつ 寂然じやくぜん つひ おほき あひ なほ つゝ おろ 女房にようぼう たい うへ さが 前庭まへには おほ いつ まこ ばゞ うば はま まへ とほ 夜具とこ きふ たなそこ 夥多おびたゞ 黒鯛くろだひ 洋傘パラソル をんな じゆつ ひつじ あひだ 可恐こは あるひ 人通ひとどほり はう いへ あふ 仲町なかちやう 尋常じんじやう ちひ かゝ さふらふ 桃園たうゑん 通過とほりす 大王だいわう 女房かみさん 唐土たうど あへ 女郎ぢよらう 長槍ちやうさう 門柱もんちう めう ゆび なゝめ 孤屋こをく かゝ 水溜みづたまり 方便はうべん 勢揃せいぞろひ こく さめ ぶん がら うけたま はひ 背負しよ ろう ひゞ さく いきどほ こゝろ いつ うしろ あが 今日けふ 巨刹きよさつ 住居すまひ なに 川面かはづら 植込うゑこみ 人通ひとどほ 鰌汁どぢやうじる 一廓いつくわく 蛇矛じやぼう 高値たかね てり 一層いつそう たい 一杯いつぱい だて