深川浅景ふかがわせんけい
雨霽の梅雨空、曇つてはゐるが大分蒸し暑い。——日和癖で、何時ぱら/\と來ようも知れないから、案内者の同伴も、私も、各自蝙蝠傘……いはゆる洋傘とは名のれないのを——色の黒いのに、日もさゝないし、誰に憚る …
作品に特徴的な語句
びん 足駄あしだ 修羅しゆら 煙草盆たばこぼん 羽目はめ 石燈籠いしどうろう 忿怒ふんぬ 四谷よつや ひろ 三度さんど のこ 縁日えんにち 沙魚はぜ 灰汁あく 中洲なかず 同時どうじ 三途さんづ 隅田川すみだがは 一棟ひとむね 二間ふたま ちう 電車でんしや 函館はこだて 煙突えんとつ 唐辛子たうがらし 永代えいたい 御存ごぞん もん しほ 時節じせつ だま 湯屋ゆや 心得こゝろえ 單衣ひとへ 灰色はひいろ 文句もんく 錫杖しやくぢやう ぬま 電燈でんとう 暗夜やみよ 小山こやま 持出もちだ 上州じやうしう 樣子やうす 眞面目まじめ 薄日うすび 手代てだい 行儀ぎやうぎ ふね 今頃いまごろ 見棄みす 門前もんぜん 深川ふかがは 汽船きせん はひ 番頭ばんとう 陣笠ぢんがさ 江戸えど 問屋とんや 薩張さつぱり 團扇うちは ひと 遣手やりて 陰氣いんき 芝居しばゐ 泡沫うたかた 二階にかい 茶釜ちやがま 眞暗まつくら 長崎ながさき 一番いちばん 人通ひとどほ 大變たいへん 眞黒まつくろ 地獄ぢごく 月夜つきよ 第一だいいち 以下いか 泥水どろみづ わけ かひ したが かず 川面かはづら 夜具とこ はま まこ 唐土たうど とく 十月じふぐわつ 寺内じない 淺葱あさぎ つゞ 芥川あくたがは 大川おほかは