“綿入”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わたいれ69.2%
わたい15.4%
めんいり11.5%
めんい3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして紫の銘仙のの下に緋の紋羽二重の綿入の下着を着て、被布は着けずにマントを着た姿を異様なない姿に思はれた。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
二番めのわがおもふどちは、おれのよしだといふくらゐの意味で、おれだつてとおんなじことだ、とまるで、綿入りの着物ひめに
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
引き越して新たに家をなす翌日より、親一人に、子一人に春忙がしき世帯は、れやすき髪にの歯を入れる暇もない。不断着の綿入さえ見すぼらしく詩人の眼にる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
失恋は爺さんにとつて綿入りの外套のやうに、少し目方が重過ぎたやうだ。