“綿入袢纏”の読み方と例文
読み方割合
わたいれはんてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この頃余の著物はフランネルのシヤツ一枚、フランネルの単衣一枚にて夜も昼も同じ事なり、ただ肩をもたげて仕事などする時はこの上に綿入袢纏一枚を加ふ。
明治卅三年十月十五日記事 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)