“縫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
72.4%
ぬひ12.0%
ぬい12.0%
ほう1.0%
0.5%
0.5%
ぬっ0.5%
ぬは0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正吉父親は、自分で、着物えないが、だれかにたのんで、子供にだけなりとかい着物せてやりたいといました。
幸福のはさみ (新字新仮名) / 小川未明(著)
張箍女袴穿いた官女よ、よ、三葉形を置いて、鳥の羽根の飾をした上衣ずる官女よ、大柄權高で、無益美形
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
何か出て来るかもしれないと勘次が上部へ指を入れると、触った物があるから引き出した。紫縮緬女持の香袋、吾妻屋のがしてある。
百樹曰、牧之老人が此草稿無縫塔字義じがたく誤字にやとて郵示してひければ、無縫塔書伝たるよしいひこしぬ。雲根志には無帽塔とあり、無帽も又じがたし。
デモ母親は男勝りの気丈者、貧苦にめげない煮焚の片手間に一枚三厘の襯衣けて、身をにして掙了ぐに追付く貧乏もないか、どうかこうか湯なりなりを
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
時がたちさえすれば、の入ったお今の心が、それなりに綺麗にじ合わされたりされたりして行くとしか思えなかった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
少年のとき荒仕事ばかりして、冬になるとが切れて血が出る、スルと木綿糸で瘃の切口熱油らして手療治をして居た事を覚えて居る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
見てヤレ/\夫は御手柄々々先生の事ゆゑ定めし斯あらんと存じ仰付られり醫師も燒酎白木綿玉子とも調ひ置候なりと云つゝ半四郎倶々新藤夫婦を奧へひ醫師に市之丞の疵口をせ療治を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「も少し日射の好い部屋でったら可さそうなものだな。そして火鉢もないじゃないか」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)