“男勝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おとこまさ66.7%
をとこまさ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
デモ母親は男勝おとこまさりの気丈者、貧苦にめげない煮焚にたきわざの片手間に一枚三厘の襯衣シャツけて、身をにして掙了かせぐに追付く貧乏もないか、どうかこうか湯なりかゆなりをすすっ
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
いくら男勝おとこまさりの寡婦だと言っても、到底女の手に合わぬ力わざが米作には多かった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
出る事能はず然ども此お政は貞節と云流石さすがに元は五百石取の大橋文右衞門が妻なれば氣象きしやうに於ても男勝をとこまさりゆゑ何卒すき
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
男勝をとこまさりの機敏な貴方にも似合はん、さすがは女だ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)