“男衆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おとこしゅ50.0%
おとこしゅう27.8%
おとこし5.6%
おとこしゆ5.6%
をとこし5.6%
をとこしゆ5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夫人 (一歩縋る)先生、あのここへいらっしゃりがけに、もしか、井菊の印半纏を着た男衆にお逢いなさりはしませんでしたか。
山吹 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
井戸端に水をんでいる女衆や、畑から帰って来る男衆は、良平がぎ喘ぎ走るのを見ては、「おいどうしたね?」などと声をかけた。
トロッコ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
また男衆や、女衆にどんな不注意があるかも知れない。土蔵の屋根下に、内側を赤く塗った消火ポンプが置いてある。そこの狭い空地は北に面していて、殆ど陽の当ることがない。
澪標 (新字新仮名) / 外村繁(著)
墓場の掃除に男衆の手を助くるまで働けば、和尚さま経済より割出しての御不憫かかり、年は二十から違うて見ともなき事は女も心得ながら
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
やいや、嘘やない。太政官とこみたいにドツサリ男衆を置いて、おまけに半ぼんから小作やと、肥料から税からかゝりを
太政官 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
墓塲掃除男衆くるまでけば、和尚さま經濟より割出しての御不憫かゝり、は二十からうてともなき心得ながら
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)