太政官だじょうかん
太政官。それは私たちがまだ生れぬ前にあつたものださうな。—— 「太政官て何のことやいな、一體。」 「知らんのかいな、阿呆。……教へたろか、新田の茶瓶のこつちや。」 「そら知つてるがな、言はんかて。……其の太政官て何のことやね。」 「太政官ち …
作品に特徴的な語句
をな ぢつ をせ くう 顛覆ひつくり いん 身上しんしよ しまひ おとづ 俺等おらゝ みな さし 穿ほじ さが 暗黒くらがり むづ 手傳てツたひ みつ いつ したゝ 花車だんじり ぶと うづた しも 不正わる わづ 蘇生いきかへ おん とつ 地形ぢぎやう 男衆をとこし おほ 大切おほぎり 宛行あてご 乾燥はしや おも にじ 權威オーソリチー 此方こつち ほど すゝき 市人いちんど 獅噛しか しま そつ くた かゝ 白墨チヨーク ぶん とひ いと 彼處あそこ 煽動おだ めん 白堊しらかべ 婀娜なまめ こまか 一年ひとゝせ 飯櫃おひつ せい 今日けふ くは おら 龜裂ひゞ こく 一寸ちよつと 黒板ボールド 明日あした 阿呆あほ 間男まをとこ 賭博ばくち 藝妓げいこ から すゐ 生血いきち 肥料こえ 脊低せツぴく 落札おち いつ 資本もと うはばみ