“疲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つか80.6%
つかれ8.2%
くたび3.4%
くた3.1%
くたぶ1.7%
1.0%
こは0.3%
0.3%
づか0.3%
づかれ0.3%
やつ0.3%
よわ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、ここがいちばん安心だというふうに、をかしげて、いままでさわいでれたからだを、じっとしてめるのでありました。
山へ帰ったやまがら (新字新仮名) / 小川未明(著)
されどかのグアスコニアが未だ貴きアルリーゴをかざるさきにその徳の光は、をもをも心にとめざる事において現はれむ 八二—八四
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そしてがっかりれたりながら竹早町から同心町の界隈をあてどもなくうろうろ駆けまわってまた喜久井町に戻って来た。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
あまり立てつゞけに挨拶したので、びれ、いくらか器械的にだが形だけは実直に頭を下げた直造は、稍かすんだ眼で今迎へたばかりの客を見た。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
「おくみさん、旦那は今晩はひごろの電車でなくては帰られないでせうから、もう先におみなさいな。今日はあなたもおれだし。」
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
地方土着の士人に至りてはなお脾肉せたるを慨嘆し、父祖伝来の戎器を貯蔵して時機をちたる、これ当時一般の状態にあらずや。
近時政論考 (新字新仮名) / 陸羯南(著)
いが。」一郎もはあはあしながら云ひました。来た方を見るとは一すぢずうっと細くついて人も馬ももう丘のかげになって見えませんでした。
ひかりの素足 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
乃公は余り苦しいから、と室を脱出して、客間へ入ったけれども、見つかると又叱られるから、窓掛の後にれていたが、其中に大層身体がるくなり、次いでくなった。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
その夜は、いくら飲んでも、いがらず、しい興奮と、練習れからでしょう、頭はうつろ、はかすみ、はおもく時々痙攣していました。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
近ごろかの尾上家に頼まれて、橘之助の病蓐に附添って、息を引き取るまで世話をしたが、多分の礼も手に入るる、山そだちは山とか、ちと看病も出たので
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ましきまでれたれど其美くしさは神々しきりぬ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
と云うから尚お強く打つが、少しもりませんで、打って仕舞うとずーっと立って衣服をぽん/\とはたいて
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)