“よわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヨワ
語句割合
73.5%
夜半21.0%
0.9%
0.9%
尫弱0.5%
0.5%
懦弱0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
脆弱0.5%
衰弱0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そんないことでどうするんですか。たちは、よくあなたにいかけられたものです。あの時分元気してください。」
木の上と下の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
前に評釈した「飛弾山質屋しぬ夜半の冬」と同想であり、荒寥とした寂しさの中に、或る人恋しさの郷愁を感じさせる俳句である。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
此の時代、文人の収入を得る道が乏しく、文人が職業として一本立ちする能わず、如何に世間から軽侮せられ、いされなかったかは今の若い作家たちには十分レハイズする事が出来ぬであろう。
その帝釈山の拝領の茶室、無二庵に隠遁する一風宗匠は、い百二十いくつ、じっさい奇蹟の長命で、柳生藩のことなら先々代のころから、なんでもかんでも心得ているという口をきく百科全書です。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
彼女の唯一の骨肉であり親愛者である弟も、人づかひのしい大阪の方で、尫弱い体で自転車などに乗つて苦使はれてゐた。彼女は時々彼に小遣などを送つてゐた。
或売笑婦の話 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
但し賢秀がくてもくても、親父の善悪はの善悪には響くことでは無い、親父は忰の手細工では無い。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
英雄豪傑の汗なら好んでもしゃぶるが、こんな懦弱い奴の汗をめるのは御免である。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
そのまんまるさは次第に大きくはなったが、しかし輪廓をぼやけさせてゆがんで、それを持ちこらえられなくなって、いきなり飛びついて悲しげに甲斐絹のようない長い声でり泣いた。
みずうみ (新字新仮名) / 室生犀星(著)
で、紋也は力をめた。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と云うから尚お強く打つが、少しもりませんで、打って仕舞うとずーっと立って衣服をぽん/\とはたいて
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「なんの、長二」と伯母は白き頭振りつ「身体は使ふだけ健康だがの、お前などのは、心気を痛めるので、大毒だよ——今ではお前も健康の様だが、生れが何せ、脆弱で、 ...
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
しかし俺は衰弱っている。これほどの姦策をたくらむ奴だ、どんな用意がしてあろうも知れぬ。あべこべに討たれたら悲惨なものだ。……さてここにある横穴だが、何んとなく深いように思われる。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)