みずうみ
これは何となく人間の老境にかんじられるものを童話でも小説でも散文でもない姿であらわそうとしたものである。—— 舟のへさきに白い小鳥が一羽、静かに翼を憩めて止っている。——その影は冴えた百合花のように水の上にあるが、小波もない湖の底まで明るい …
作品に特徴的な語句
よわ 此処こんな しゃく ふりかえ うな おお 顔貌かおいろ いっ これ おっしゃ 微笑わら 此方こち あれ ゆがみ 湿うるお とも そっ 興味おもしろ 再度にど 変化かわ 彼処あそこ 狼狽あわ たちこ はし かたくな かわ 今更いまさ 何日いつか いと 寂漠さび 廻転まわ 彷徨ほうこう 悒悒ゆうゆう やす かか 明瞭はっきり しば 清々せいせい いぶ はず おび いさか 頸首くび 一層いっそう 不図ふと わた 仄白ほのじろ たたず 何時いつ ぬす 其処そこ まる 凝乎じっ はげ かく 卓子テーブル そむ 叮嚀ていねい 可笑おか ども とが すす くちばし ささや 四辺あたり 容子ようす 寂漠せきばく むか もてあそ ゆる いたず かす 微笑ほほえ 忌々いまいま あたか 悒鬱ゆううつ 愕然がくぜん もど 拘泥こうでい たか 昂奮こうふん