“罩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
86.5%
こも10.3%
たちこ1.1%
ふせ1.1%
つつ0.5%
つゝ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、れてきたにバサバサとめて、ひつかうとするけれど、ラランのやつはさつさとびながら、いたもので
火を喰つた鴉 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)
深い霧のつた中で立往生して了ふ。道が分らなくなる。谷へ落つこちるかも知れぬやうな危い処で、危い事には気附かずに狼狽する。
父親の膝の上に——眠元朗はその娘の髪の上に自分の手を置いて、悲しげに桃花村をめている紅霞をながめた。
みずうみ (新字新仮名) / 室生犀星(著)
雞籠てかの蜘蛛をとらへしに夜光珠、大さ弾丸の如しとしるせり。
暗い霧がすぐに広間をむ。その霧は6440
此よりサンタガタまでは、まだ若干の路程あるに、は漸く我等の車をまんとす。馭者は畜生を連呼して、鞭策亂下せり。