“つゝ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
34.0%
10.5%
9.9%
8.6%
6.8%
4.3%
3.7%
3.1%
2.5%
1.9%
1.9%
1.2%
1.2%
1.2%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
穿0.6%
突衝0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戸毎瓦斯電燈閑却して、依然としてきくえた。宗助世界調和する黒味つた外套まれていた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
おや、おや、その代り、いやなトきが附いて居る。その代り『伉儷得難かるべし、縁談すべて望なし、しむべし、愼しむべし』
腹切の形も最初は真中棒差込んでへ倒れるのであつたが、最後の稽古の日に徳永柳洲が教へて遣つたのでうにか見られる様に成つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
拾得食器ひますつてゐるれてつてきますと、寒山はそれをひにるのでございます。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
今度は石をんで容易にはに出さず、時々出してむ時は先づめるにして居た。
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
垂飾をつけた日傘花楸樹よ、ジタナ少女にある珊瑚玉、その頸飾柔肌巫山戲た雀が來てく。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
我等が立てる甲斐の山の峻峭を以てするも、近づいてるゝ能はず、しんでその神威を敬す、我が生国の大儒
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
のねらひをつけかける。
鸚鵡:(フランス) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
後ろにましく控へたのは、二十二三の内儀、白粉も紅も拔きにして少し世帶崩れのした、——若くて派手ではありませんが、さすがの平次も暫らく見惚れたほどの美しい女でした。
最後に、一團つたとふと——隊長ふのが、けました——つやうに、自棄のやうに、てん/″\に、一齊白墨げました。つてるやうです。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
さアどうも入牢けられて見ると、仕方がないからしんで牢舎住居をいたしてりますと、もお考へになつて、アヽ気の毒な事をいたした、さしたる罪はない、一りにして
詩好の王様と棒縛の旅人 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
上より自在をさげ、此火に酒のをなしあるひは、夜は燈火とす。さて此火を視るに、をはなるゝこと一寸ばかりの上にる、扇にあふげば陽火のごとくにる。
爲ぞやとせも敢ず宅兵衞はれる聲を張上て汝等が此程の致し方如何にも心根殘念なる故訴へ出たる所大岡樣の御仁心にて汝等が命がなきことを得たれば我が恨みは晴難我が
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
は山水に目をはれたるに「火をかしなされ」とて烟管さしよせたるを見れば、蓬髪素面にて天質艶色花ともいふべく玉にもすべし。百結鶉衣趙璧む。
何も左様君のやうにんで居る必要は有るまいと思ふんだ。言はないから、其で君は余計に苦しいんだ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
万事深くんで居るやうな丑松に比べると、親切はつて文平の方にあるかと思はせる位。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
ぞと竊に目配すれば赤川大膳藤井左京と寄て次助佐助が後に立寄突落せばれや兩人は谷底眞逆樣に落入て微塵に碎けて死失たりまた常樂院は五人の者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
盜賊はり組頭衆年寄衆へ此伯父が何の面向が成ものか盜人猛々敷とは汝が事なり兄九郎右衞門殿の位牌へ對して此九郎兵衞が云ぬ汝が親九郎右衞門に成代り此伯父が勘當する出てろと猶も打擲なす處へく/\と一間よりと出るやや九郎兵衞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
雲こそ西に日を
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
みて遠く嫁ぐとも
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
これは京女がかういふましやかな風俗を持つてゐるのかも知れない。
京洛日記 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
『面持ちにこやかにしみいやまひたる、聊さか驕慢の気なく云々』と書してあり、対手小野川に対しては『面持ちむづかしく(中略)此の道にては我はと思ひあがりたるさましたる云々』
初代谷風梶之助 (新字旧仮名) / 三木貞一(著)
蓮葉手首ましげに、げてけると、手巾をはらりとる。……
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ちておしならべ
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
行くときは壁や障子を傳つてな氣に下駄を穿かけたが、歸つて來てそれを脱ぐと、もう立つてる勢ひがなかつた。で、臺所の板敷をと這つて來たが、室に入ると、布團の裾に倒れて了つた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
海岸で、喧嘩をしてけたくやしさ、くやしまぎれにをもゆはず、びをりてきて、いきなりくこつんと一つ突衝きました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
と言つてましやかに一寸笑つてみせた。
そこでは、常に、「溌剌たる才気」がもつとも「ましい姿」を見せてゐる。
『ハイカラ』といふこと (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
此よりサンタガタまでは、まだ若干の路程あるに、は漸く我等の車をまんとす。馭者は畜生を連呼して、鞭策亂下せり。
大空の嘉光はみ蔽はれて、陰鬱の氣は瀾一瀾に乘りて流れ來り、霧愁ひ、風悲んで、水と天とは憂苦に疲れ萎えたる體の自ら支ふる能はざる如くに、互に力無き身を寄せ合ひらせ合ひて
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
わが未だ地獄に降りて苦しみをうけざりしさきには、我を喜悦なる至上の善、世にてと呼ばれ 一三三—一三五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
じてむはれ、金玉物語鈎子かすれば、にも立派寶物