“組頭衆”の読み方と例文
読み方割合
くみがしらしう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盜賊はり組頭衆年寄衆へ此伯父が何の面向が成ものか盜人猛々敷とは汝が事なり兄九郎右衞門殿の位牌へ對して此九郎兵衞が云ぬ汝が親九郎右衞門に成代り此伯父が勘當する出てろと猶も打擲なす處へく/\と一間よりと出るやや九郎兵衞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)