“組頭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くみがしら96.3%
くみかしら3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山口駿河は号を泉処という。当時外国奉行の首席である。函館奉行の組頭から監察(目付)に進んだ友人の喜多村瑞見とも親しい。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
たり然るに此時江戸へ出訴の事組頭出府致すべき處種々取込のことあるにより飛脚を村方より立ると云を九助は聞込何卒しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
むるやとねられ喜兵衞は組頭勘右衞門は百姓總代の趣き申立つる越前守殿汝等知らざれば今憑司の申立はりと相見える傳吉は廿年來行衞知れざる叔母を連歸飢渇を救ひ從弟梅を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)