“組与頭”の読み方と例文
読み方割合
くみよがしら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紋服に、下り藤の紋の付いた麻裃を着て、さッと血の気の引いた顔にくぼんだ眼をえ、口唇を蒼くしている戸部近江之介である。西丸御書院番頭脇坂山城守付きの組与頭を勤めている。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
その喬之助が、今日出仕して来て詰番一統に改まって年始の礼を述べないといって、組与頭戸部近江之介が最先に文句を言い出した。が、喬之助は、詰所へ這入ると同時に立派に挨拶をしたのである。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)