魔像まぞう新版大岡政談しんぱんおおおかせいだん
首「卑怯!卑怯ッ!卑怯者ッ!」 大声がした。千代田の殿中である。新御番詰所と言って、書役の控えている大広間だ。 荒磯の描いてある衝立の前で、いまこう、肩肘を張って叫び揚げた武士がある。 紋服に、下り藤の紋の付いた麻裃を着て、さッと血の気の引 …
作品に特徴的な語句
ぜい つむじ 後退さが れい ちょう ざん いわ もど てえ いらだ おしゅ ぱず いき ばた つく じょう ゆい づち 容易やすやす 此家このいえ しゅん つか がわ ぷう きぎ きょく よばわ 喧嘩やつ めい もの しら てえ われ 目前まえ はつ かたえ だる こう しょう ぱし つく ばつ きつ ひた ちゃん しっ おだて 眼前まえ なお 主君あるじ ぎゃく 直接じきじき よお ごん かおり 畢竟ひっきよう おとの たず そく ちょう 胸底むね むすこ 魚釣つり 性得もちまえ 返辞こたえ 家主あるじ おとず むか はず とぼ 態度こなし かた みじけ 申刻ななつどき ゆう うも もの 処女おぼこ かたわ
題名が同じ作品
魔像 (新字新仮名)蘭郁二郎 (著)