“抗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あらが36.7%
さから23.5%
こう6.1%
さか6.1%
むか5.1%
3.1%
あがら3.1%
かな3.1%
あら2.0%
あらそ2.0%
2.0%
かう1.0%
こだ1.0%
こば1.0%
はむか1.0%
1.0%
アラガ1.0%
ムカ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
逆手というのではなかったので、苦痛も痛みも感じなかったが、なんともいえない神妙の呼吸は、平八をしてわせなかった。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
涙ながらにかきくどく母の言葉には、うすべもなく、妓王はいやいや、妹と他の二人の白拍子と連れ立って西八条に出かけていった。
へかけてのは、しい北風してまなければならなかった。とったがんは、みんなをれているという責任じていました。
がん (新字新仮名) / 小川未明(著)
お藤に素破抜かれると、万次郎はそれにらう気力もなく、がっくり首を落して、平次の前に二つ三つお辞儀をしました。
「殺さねえように捕まえる。それで、相手が刃物を持っていると、こっちも刃物でって行かにゃならねえ」と、考え考え首をって
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
黒一楽三紋付けたる綿入羽織衣紋を直して、彼は機嫌好く火鉢に歩み寄る時、直道はげて礼をせり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
惡黨がつて居るお六も、ふ力もなく首を延ばし上げられて、左の小脇にかい込まれると思ふ間もなく、薄月に閃めく銀簪、あはやお六の右の眼へ——。
「駄目だよ今日は。観念めるさ。とてもわぬ事だから、僕は此処を先途と喋り散らして花々しく討死する覚悟だ。ワッハヽヽヽ」
The Affair of Two Watches (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
お君は泣き顏を振りあげて、必死とがひますが、寅松はセセラ笑つてその丸い肩を小突き乍ら、袂の捕繩を左手で爪搜るのです。
妙子は必死といましたが、男の力にはもとより及ぶべきもありません。殆んど折檻でもするような調子で、嫌応なしにモデル台の上に押し上げられてしまいました。
小親がき身の、躍ればを着けず、舞の袖の飜るは、に羽衣ると見ゆ。長刀かつぎてゆらりと出づれば、手につ敵の有りとも見えず。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けれども、鳥打帽つた久留米絣小僧の、四顧人影なき日盛りを、一人して勇氣は、する。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
俺あどこまでも好自由な独者で渡りてえんだから、それをわることだけは、どうか勘弁してくんねえ、お願いだ。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
ぎ枝にひたる燕の揺れ一羽は宙にまだ羽うちつつ
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
見よ、油にて清められたる吾等は君に奉仕して、白衣と長袍とを摩り耗らしつゝ、救を得ん為の一心に諸の誘惑につてゐる。
法王の祈祷 (新字旧仮名) / マルセル・シュウォッブ(著)
「おれの持船も、ことし中には百艘になろう。国もとでらせている鉱山も、来年からは黄金を生むだろう。夜が明けて、鳥が啼けば、金がえる——」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其間に、舞台は頻りに進んで行く。私は、人間の滅亡を、唯傍視してゐるばかりであつた。若いの延若もよかつた。魁車もよかつた。その為に生れて来た人たちだと言つても、誰がふであらう。
実川延若讃 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
日光に向ふ(即、ふ)とか、背負ふとか言ふ事を、大問題にしたと言ふ伝へも、祖先神だからと言ふ処に中心が置かれては居るけれども、やはり此方面から説く方が
信太妻の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)