信太妻の話しのだづまのはなし
今から二十年も前、特に青年らしい感傷に耽りがちであつた当時、私の通つて居た学校が、靖国神社の近くにあつた。それで招魂祭にはよく、時間の間を見ては、行き/\したものだ。今もあるやうに、其頃からあの馬場の北側には、猿芝居がかゝつてゐた。ある時這 …
作品に特徴的な語句
ダヒラ ギヌ アタヘ エリクビ ムカ 拍子バウシ ウガン イカヅチ 盲目マウモク 禿カブロ シフ ムラ あたかも ジヨウ 変化ヘンゲ 童子ドウジ ヒジリ ツヽマ サガ 行者ギヤウジヤ エン 稲生イナフ ごく 神人カミビト 手代テシロ すなはち 一先ひとまづ 門中モンチユウ 双生フタゴ 物臭モノクサ 根神ネカミ 常世トコヨ 信太シノダ モリ 神奴カミツコ 神人ジンニン ハヽ 八瀬ヤセ 賀陽カヤ ニヘ 葛城カツラギ 後鬼ゴキ 玄蕃ゲンバ 人狐ニンコ つか 前鬼ゼンキ 語部カタリベ 儒艮ザン したた ことば 手白テシロ 木莵ツク 根所ネドコロ 萱堂カヤダウ 御贄ミニヘ 簠簋ほき 算所サンシヨ 大太ダイタ 女占ヲンナウラカタ 神隈カミクマ 相嘗アヒナメ 寿詞ヨゴト 百襲モヽソ 生侍ナマザムラヒ 海祇ワタツミ 津堅ツケン えうヨウ