“根所”の読み方と例文
読み方割合
ネドコロ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
根所と言ふのは、各地にかたまつたり、散在したりしてゐる一族の本家の事である。根所は元々其地方の豪族であつたものであらう。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
巫女の家なる祝女殿内、一族の本家なる根所殿、拝所になつてゐる殿、祭場ともいふべき神あしゃげ、皆火の神のない処はない。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
一つ根所の神を仰いでゐる族人が根人(ねいんちゆ=にんちゆ=につちゆ)である。処が、根所の当主に限り特に根人と言ふ事も多い。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)