“根性”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こんじょう54.8%
こんじやう33.3%
こんじよう4.8%
こんじよ2.4%
こんぜう2.4%
コンジョウ2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
年来桑門同様の渡世致しおり候えども、根性は元の武士なれば、死後の名聞の儀もっとも大切に存じ、この遺書相認置き候事に候。
此方から算盤いて、この土地人間根性へてやると泥棒乞食へて、それをつにつたやうなものだなう。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
あねえから奪取つてやれ、らだらさうだ、いや本當だとも、なんぞに威張られてるなんちことるもんか、卯平等根性薄弱だからやうねえ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
然しこれは自分の惡いのではない、女どもが自分の熱中する全人的性格に這入つて來ない淺薄な根性が惡いのだ。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
さんかへ、とけて、やな坊主つたらい、屹度ひにたのだけれど、たちがるものだから立聞きをしてつたのであらう、意地惡るの、根性まがりの、ひねつこびれの、りの
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
出稼人根性ヤメヨ。カツイデ見事帰郷被告タル酷烈自意識ダマスナ。ワレコソ苦悩者刺青カクシタ聖僧。オ辞儀サセタイ校長サン。「編輯長チタイワレマイ努力
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)