“筆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふで84.8%
ペン5.1%
ひつ3.8%
2.5%
ぴつ2.5%
ひっ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の進みをげたことであらう? この時ばかりはいろいろな病苦に慣らされた私も自分の病弱を恨み悲しまずにはゐられなかつた。
処女作の思い出 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
何某。)とかのを持った一人が声を懸けると寝台の上に仰向けになっていたのは、り落ちるように下りて蹌踉と外科室へ入交る。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
我当局の忌違に触れん事疑なきの文字少からず。出版当時有名なる訴訟事件を惹起したるも、是等艶冶する所多かりし由。
『ム……。こいつあたしかに、坊主の鉄雲だ。あの和尚も、ずいぶん悪事をかさねたから、もう年貢にかかってもいい頃だろう』
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
申入候過日御約束致置候中川漁船の儀は来月四日と致度ては釣道具大半破損致し居候間夜分にても御閑の節御入来之上右釣道具御繕い直し被下候様奉願上候
見ると、岩をけずって、数行の文字が小柄りのこされてある。それは、うたがう余地もなく、果心居士らしい枯淡せきで
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)