“毛筆”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふで50.0%
けふで25.0%
もうひつ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“毛筆”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
描かれてある模様は? 少なくも毛筆ふでで描かれた物ではなかった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と申しました。俊夫君はしばらくその写真を眺めてから、黒い紙を取りあげました。それは黒く染めた日本紙で、その上に毛筆ふでで、白い絵の具をもって、次の文字が書かれてありました。
紫外線 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
毛筆けふででもしゃぶって引っ込んでるがいい。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
甲野さんの家の女中さんたちが、こもをといてみますと、中は白い木の箱で、そのおもてに、毛筆もうひつの大きな字で、
魔法人形 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)